ドライブ行ってきました

この土曜日、思ったより早く天気が回復するとのことなので、前々から一度訪れてみたい場所へ、ドライブしてきました。


場所は、


ココ

Dsc05376











はい、

Dsc05368

伊根の舟屋です。


朝6時出発、東名~名神~北陸道~舞鶴若狭道とひたすら高速を乗り継いで、伊根を目指します。

距離的には名神大山崎から京都縦貫道を通った方が短いんですけど、高速料金が往復で2,600円高くなります。

多少時間がかかってもいいから、琵琶湖の東~北ルートをチョイス。

結果、到着が12時ちょっと前。
ほぼ6時間かかりました。

伊根の街並みを道の駅の高台から眺めて、舟屋へ降りていきます。

駐車場へクルマを止めて、舟屋見学。

Dsc05366

Dsc05365

海が近いですね。
太平洋側では満干潮の差がありすぎて、無理なんだろうな。

Dsc05375

この網には、何が入ってるんでしょうか。
今晩の肴かな?
この辺ではアマダイが名産なので(グジ、だったかな?)、そんなのがあったりして。

Dsc05379

秋の風情ですね♪

Dsc05381

海洋用ブイ?ウキ??がハンギングバスケット替わり。

Dsc05378

Dsc05377

この船は11月3日に行われるお祭りで使われるとか。

Dsc05382

Dsc05383

日差しが出てきて、海の色がエメラルドグリーンに変わってきました。

いやあ、やっぱり海っていいなあ。。

お昼をいただいて、丹後半島ぐるっと周って帰ります。

Dsc05389

外海に接するところでは、こんな荒海です。
日本海のイメージそのもの。

さて、まだ2時ですが400キロ走らないと家に着けないので、帰路につきましょう。


そうそう、


今回は、

» 続きを読む

| | コメント (2)

今年のロング3回目

伊豆一周、有峰方面と走ってみて、まあ700キロ強が限界か、と思っていたんですけど、やっぱり紀伊半島攻めてみたくって、この土曜日にチャレンジしてみました。

10/20朝2:50起床、3:20出発。

下道だけではまったく自信がなかったので、ツーリングプランの伊勢道コースを選択。

R23BPから東海ICへ抜けて、高速使って尾鷲まで一直線。

尾鷲からはお気に入りのR311を。

Dsc05317

どうやらこの辺りは、秋祭りのようですね。
五穀豊穣じゃなくって、大漁御礼なのかな?

Dsc05318

Dsc05319

昭和の香りがプンプンです。

Dsc05321

昨年の同時期、Z750Sで訪れたときと同じ場所でのスナップショット。

「バイクを新しくしました」って報告です。

Dsc05323

Dsc05325

熊野灘が見えてきました。

いい天気、青い海。。。サイコーのロケーションです。

Dsc05328

Dsc05336

獅子ヶ岩でパチリ。

熊野からR311~R168~R311で中辺路まで。

ここで地元の御浜からおみえのゼファー750さんとご挨拶。
ここから、竜神スカイラインの護摩山まで先導していただきました。

コーナーの深さ、クルマをパスする場所、道の荒れ具合など、よく分かっている人と走ると安心できますね。

それにしても、寒いです。

海側を走ってるときは好天に恵まれて気温も上がってきたんですけど、内陸に入った途端に曇りがちになり、途中の気温は10:00で14度。

護摩山ではひと桁だったんだと思います。

Dsc05338

Dsc05342

Dsc05347

紅葉は、写真ではそこそこ進んでいるように見えますが、今年は台風が多かったので、山肌では葉っぱが飛ばされていて紅葉どころではないようです。

震えながら龍神スカイラインを降りてきてR168合流、大塔で昼食。

Dsc05348

お店ではストーブが焚かれてました。

寒さも手伝って、クラッチを握る左手が痛くなってきました。

何とか針ICまで走ってきてました。

ここまでで約600キロ。

Dsc05350

名阪国道を走っているうちにようやく日が照りはじめて、本日初めて15度を超えています。

自動車専用道路では、体重移動もないので首が痛くなり始めます。

もう左手は大丈夫かな?
東名阪は渋滞してるので、鈴鹿スカイライン経由して帰りましょうと、上柘植ICで降りて、土山を目指します。。。が、やっぱり左手限界。

新名神の土山ICから高速経由して帰宅しました。

走行距離は810キロ、

平均燃費、30.5キロ/L

自宅時刻、19:00

なんとか、800キロ走れるもんですねえ。


一日明けた今日は、ニーグリップの関係で股間が筋肉痛です。

でも、やっぱり紀伊半島は楽しいワ♪

| | コメント (0)

皆様、お疲れ様でした

うなぎの会ですが、二転三転した天気予報は晴れだったんですけど、四転して土曜日夕方から日曜日朝にかけて雨が降ったり止んだり、、、それが五転して9時過ぎから雨も止み、午後には晴れ間も出てきました。

残念ながら、Kameさんはお仕事が溜まっててドタキャンに。
(ホントは飲み会⇒二日酔いで、溜まってるものが違うんじゃないかって噂がチラホラ(笑))

Kenちゃんも家族の都合で土曜日の飲み会参加でうなぎの匂いも嗅がずに帰っちゃいまして、今回は結局5人1テーブルでの開催となりました。

でもね、お味の方は相変わらずでおいしかったですよ。

で、Z750Sは1台生き延びてました。

今回のイチバンは、ゼンナのから揚げかなあ。。。

| | コメント (9)

うなぎミーティングですが

今のところ、参加者は、

KINさん、Kamemajinさん、Ken-Zさん、時代屋さんと奥様、おー坊さん、私の7名ですので、

  ・集合場所:天保

  ・集合時刻:11:30

でお願いします。

皆様、お気をつけておいでください。

| | コメント (7)

今年のうなぎは10月14日

さてさて、関東組飲み会で、今年のうなぎは10月14日(日)となりました。

現時点での参加表明者は、KINさんKameさんKen-ZさんのKKKトリオ。

残念ながら、カレー公爵さんは都合がつかず。。。


その他、参加される方はこのブログへ記入くださいませ、、、、

集合場所はいつもの渚園駐車場を予定していますが、人数によっては現地集合とするかもしれません。

また、前日13日は渚園でイベントがあるのでキャンプ可能かどうかは不明です。

みなさん、よろしくお願いします。

| | コメント (10)

キャンプ行ってきました

シフォンを飼いはじめてから泊まりの旅行に行ってなくって、まだペットホテルに預けるのには不安があったので、どこかへ連れて行きましょうと。

ペット受け入れ可のホテルでも良かったんですけど、キャンプのほうが気楽に行けそうだとのことで、この金土で20年ぶりに出かけてみました。

場所は、豊根村にある豊根ランドオートキャンプ場。

自宅からはクルマで2時間弱のところにあります。

今回は久しぶりということで、ログキャンプをチョイス。

Dsc05249

1時過ぎに到着して荷物を降ろし、さあ。。。。。テントやタープを張る必要もないので、時間を持て余します。

Dsc05251


Dsc05252

Dsc05253

着いて早々オイタをして、嫁さんに鼻をつかまれて萎れるシフォンちゃん、の図。


小さなこどもがいれば、「冒険」なんかもできるんですけど。。

まあ、シフォンちゃん連れて、冷たい川へザブン。。

この夏、シフォンを連れて川へ入るのはこれで5回目なので、もう大喜びです。

一番最初に連れてった時は、丸まってたしっぽが冷たい水に入った途端に「ピン」と立って、その後はもう おおはしゃぎ。

30分もしないうちに、こっちの足が冷たくなっちゃってGIVE UPです。

水から上がってきて、さあやることがありません。。

ということで、クルマを15分走らせて、「パル豊根」まで日帰り温泉へ行くことに。

お肌ツルツルになって戻ってきて、さあバーベキューでも始めましょう。


Dsc05262

Dsc05263

お利口にしてたご褒美に大好物のきゅうりをパクついて、ご満悦です。

Dsc05270

そんなこんなで夜も更けて、この日はおしまい。

土曜日は台風なので6時に起床、朝ごはんを食べて片付けて8時半にチェックアウトして帰ってきました。

キャンプ場は、金曜日なので空いていて、ペット連れてても迷惑にならなかったんですけど、子供たちがいないとちょっと物足りないキャンプでした。

| | コメント (0)

備忘録

先日の北飛騨ツーとその後のテニスの利用で、走行距離は3,300キロ越え。

大分シフトチェンジが渋くなってきたので、オイル交換を。

オイルはいつものカストロールPower1Recing 5W-40をチョイス。

オイルの量は全部で2.4Lなので、少し短めに2,500キロを目安に交換しようかな。

北飛騨ツーから帰ってきて、1週間後にバイクを洗車したんだけど、エンジン回りは錆びが進みました。

カワサキ車よりも錆びやすく感じます。

コーティングも考えなくっちゃ。

| | コメント (0)

ロング2回目行ってきました

7月はいつもの締め後のまとめと予想に加え、予算の作業をしなくちゃいけません。

なので、初日の2日に有休をとって走りに行ってきましょう。

今回は有峰方面を狙います。

朝3:40出発、もう10分早く出なくちゃいけなかったな。
高速の早朝割引を使うため、4時までにETCゲートをくぐらなければなりません。

なんとか3:58にゲートをくぐって、30%オフGETです。

朝走り始めて、路面が濡れてます。昨晩の予報とは違ってますね。

高速に乗って新城~豊川間は雨に降られましたけど、その後は問題なし。

東名~東海環状から東海北陸道へ入って、美並ICでR156へ。

まず、コンビニで朝ごはん。
そして、まだ180キロちょっとですけど、この後のルートを考慮して給油します。
いつもは郡上大和まで行っちゃうんですけど、給油するならこのICがいいかな。。

R156からK317~やまびこロードへ進めます。

Dsc05213

気温は19度、暑くなるだろうということでメッシュジャケットを選択しましたが、東海環状では寒いだろうと思い、鞍ヶ池PAでインナーにポケットパーカーを着こみましたが、それでも冷えます。

Dsc05214

この画像では18度を指してますけど、一番低かったのは17度でした。

飛騨清見まで下道走って、お気に入りのK478へ。

もう何度もこの道チャレンジしてたのですけど、ずっと通行止めでした。
(工事場所は違ってたみたいですけど)

Dsc05216

Dsc05217

ドコドコとエンジンの鼓動を感じながら60キロ前後でゆっくり流します。

ああ、いい気持ち。

下小鳥ダムを過ぎてK75を狙ってたんですけど、通行止め。

ツーリングに出る前にいつも中部地方道路情報システム を参考にしてルートを決めるんですけど、岐阜県はいつも更新されてないので、あてになりません。
他県はOKです。

天生峠付近も通行止めらしい。最初は白川郷から天生峠を抜ける手もあると思ってましたので、行かなくてよかった。

ここからR360を走っていったん富山県に、R41からR471で神岡の道の駅まで。

Dsc05221

R360の宮川沿いを走っているときは25~27度だったのが、R41で神岡へ入った途端に気温が上がって、まだ9時台だっていうのに30~32度を指しています。

あ、暑い。。。。。ので、



Dsc05219

自宅を出て6時間、ちょっと長めの休憩を。

さあ、有峰目指してGOです。

Dsc05231

R471から山之村入口の橋で。

ここから30キロ、大好物のワインディングを攻めます。

さすがに平日だけあって、バイクはおろかクルマも走っていません。

20分ほどで有峰入口の風越トンネルまで。

Dsc05224

Dsc05223_2

Dsc05229

天気がよくって、景色もサイコー♪

1年前の5月にここへ訪れた時に、この茂みの向こうで熊に出会いましたので、今日はエンジン止めずに休憩します。

景色はいいんですが、他に何もありませんので休憩もそこそこにして退散。
来た道を戻って、いつものK76で。

いつもの道のいつもの場所で、いつもの写真を。

Dsc05233

今日は高いところは雲がかかっていて、笠ケ岳が見えないですね。

Dsc05236

大坂峠のビューポイントで。ここもいつもの場所です。

R41まで戻ってきて、給油を。

お昼が近づいてきましたので、板蔵ラーメンでも。

あれ、去年とちょっと違うぞ。

Dsc05238

板蔵ラーメンが前面に出てない。

ラーメンも「ぎゅうすじラーメン」なんてのがあったので、大盛りをチョイス。

これまでの細麺の醤油味と違ってて、中太ちぢれのもっちり麺と醤油ベースなんだけど塩が強めであっさり系。
好みです♪

でも暑いワ、外は34度を指してました。

さて、お昼すぎましたので、方向を南に向けて帰路につきましょう。

R360で木曽福島を目指します。

Dsc05242

これまたいつもの九蔵峠の御嶽山。
まだ雪がありますね。

Dsc05244

本日2つ目のソフトクリーム、とうもろこしとバニラのミックスを。

ミックスって、それぞれの味を楽しもうかと思って注文するんだけど、結局2つ一緒に食べちゃうので味が中途半端になります。

いつもミックス買って失敗するんだけど、今日も同じ失敗を繰り返してしまった。。。

1時半を過ぎてるなあ。。
ルートはR19のほうが早く帰れるんだけど、やっぱり権兵衛TN抜けて行きましょう。
R19は暑いだろうし。。。

結局、伊那~駒ヶ根も暑かったです。
道は混んでるし、信号は多いし。。。

休憩をR153駒ヶ根の田切の里、R151下条道の駅、やはりR151東栄町JAの直売所と、1時間に1回の割合で休憩をとって帰ってきました。

自宅到着、6時10分
走行距離 770キロ
総合燃費 32.4km/L(表示燃費)

6月1日に行った伊豆では613kmであと100キロぐらい大丈夫かと思ったんですけど、暑かったせいか権兵衛トンネル辺りから疲れてきてしまいました。

Z750Sに乗ってた時は、疲れたら高速で、と思ってたんですけど、SV650Xは移動はツライ。
ワインディングを走ってたほうがよっぽど楽です。

直線ではどうしても手に体重を掛けて乗ってるんでしょう、手のひらが痛くなります。
また、前傾なので首が痛む。

この分では、竜神日帰りは難しいかな?

| | コメント (2)

2回目の尾瀬ケ原(6月23日:3日目)

尾瀬3日目、梅雨時なのにここまで天気が非常によろしいです。
今日は、昨晩山ノ鼻ビジターセンターのスライドショウの中で紹介があった、研究自然園でのレクチャー会が7:15からあるので、それに参加してから鳩山峠経由で帰路につきます。

さて、まずは朝4:30の尾瀬ヶ原。

Dsc05178

Dsc05179

Dsc05188

Dsc05190

本日は、朝靄登場です♪

誰もいない尾瀬ヶ原を2人占め♪♪

この時期ならでは、なんでしょうね。

朝ごはんをいただいて、名残惜しく少しだけ再度尾瀬ヶ原散策。
7時ごろ集合場所まで。

山ノ鼻はケータイがつながります。
見晴ではスマホはつながったとのこと。

洗面所ではお湯も出ますし、民宿なんかと変わらないですね。

7:15より職員の方から40分ほど説明を聞きながら、研究自然園を回ります。

この2日たくさん咲いてたコバイケイソウやレンゲツツジには毒があって、シカも食べないんだとか。

その他、カキツバタとヒオウギアヤメの見分け方、ミズバショウが本来咲いてないところに育っている理由、尾瀬ケ原は泥炭層で構成されていて、その深さは5mに及ぶこと、草木が腐って分解されずに堆積していること、などなど、昨日のスライドショウと合わせていろいろ勉強となりました。

これは山ノ鼻に泊まらなかったら説明を受けられなかったですね、ラッキーです。

さて、帰りましょう。

1.5時間ほどかけて鳩待峠へ。
ここから乗合タクシーで戸倉へ戻ってきました。

戸倉で日帰り温泉につかって疲れを取り、11時半にクルマへ乗り込みます。
こちらも、誰もいません。

途中吹き割の滝へ寄り、また、

Dsc05210

とんかつ街道なので、とんかつを食して高速に乗って帰ってきました。

高速に乗った途端に雨が降り出し、厚木~静岡は大雨。
クルマなので移動中に降られたところで、影響なし。

実家到着6時45分、表示燃費は行きが14.5km/L、帰りが17.5km/Lでした。

クルーズコントロールで高速走ると、もう装備されてないクルマは乗れないかも。

| | コメント (2)

2回目の尾瀬ケ原(6月22日:2日目)

2日目は、三条の滝から戻ってきて、東電小屋前を通って、山ノ鼻で宿泊の予定です。

朝4時過ぎに起床して外へ出てみました。
朝靄を期待して。。。
前日は曇りから晴れ、最低気温7.2℃、今日は晴れなので期待してたんですけど残念ながら朝靄はなしです。

朝ごはんを済ませて、7時前出発。

まずは赤田代にある温泉小屋方面を目指します。

Dsc05052

こっちもワタスゲが見事。

30分ほどで赤田代の無料休憩所に到着。

ここでトイレを済ませ、荷物を預けて三条の滝へ出発です。

途中から、かなりきつい下り道。
鎖場なんかもあって、20分ほどで平滑の滝まで。

Dsc05058

ここから、さらにハードな下りを40分かけて三条の滝まで進めていきます。
ストックがなければ、進めません。

途中、登山道に熊の足跡が多数。。。
Dsc05063

登山道のぬかるみにくっきり。
道に沿って足跡が付いてました。

これを見て、親父と二人でベアベルを振りながら前へ進めていきます。

で、三条の滝到着、8時52分。

Dsc05066

Dsc05079

さすがは日本有数の水量とのことで、迫力満点。
来た甲斐がありました。

で、ここで建設作業員登場。

何でも9時からヘリコプターによる補修資材の降ろしがあるとのことです。

しばし、見学することに。

Dsc05070

数分待ってたら、おお、来ました。

補修資材をどこへ降ろすかというと、畳8畳分ほどの展望台へ。

まわりは滝壺、深い谷と森に覆われています。
ピンポイントで降ろさなければいけない。

Dsc05071

Dsc05074

Dsc05077

うわっ、機体をここまで降ろすか?
木に当たりそうです。

無事資材を降ろして、飛び立っていきました。

来た道と反対側の御池方面経由で赤田代の休憩所へ戻ります。

上り30分ですが、こちらのほうが安全に登れます。

こちらの道は、燧ヶ岳の山麓を横に戻る感じで、木陰の中。

Dsc05088

Dsc05089

Dsc05093

ちょっと尾瀬ヶ原とは雰囲気が違います。


11時に無料休憩所まで戻ってきました。

荷物を持って、ヨシッポリ田代の東電小屋方面へ。

Dsc05097

いやあ、ピーカンな快晴♪
湿原の上を冷たい風が滑るように吹いています。
歩いていて、快適そのものです。

Dsc05098

東電小屋でお昼に。

30分ほど休憩して出発。

Dsc05099

オゼヌマアザミの蕾です。
蕾はたくさん見ましたけど、咲いてるものはなかった気がする。

Dsc05101

タテヤマリンドウの花と蕾。
蕾もかわいいですね。

Dsc05109

ミツガシワの群生。
こんなに咲いてるところは他になかったな。

Dsc05111

燧ケ岳のバックとワタスゲ、絵になりますね~

Dsc05118

ニッコウキスゲの蕾です。
あちこちにあります。

鹿の食害がなければ、7月中旬はキレイでしょうね。

Dsc05127

ワタスゲの群生。
昨日よりワタが開いてますよ。

Dsc05139

逆さ燧、、、ですが、風が強くってきれいに出ません。

Dsc05197

と、ゆっくり2時半に山ノ鼻まで戻ってきました。

今日の宿の山ノ鼻小屋。

荷物を置いて、少しゆっくりして、4時からお風呂・5時に夕食をとって外に出たら、風が止んでます。

じゃ、また尾瀬ヶ原まで行ってみましょう。

Dsc05155

Dsc05159

今度は、キレイに映ってます。

Dsc05162

モウセンゴケの仲間。
比較的養分の少ないところに育っているようです。

Dsc05165

逆光の中のワタスゲ。

夕方で風がないので、無数の虫が飛んでます。

いったん山小屋へ戻り、夜7時からの山ノ鼻ビジターセンターでのスライドショウに参加して、本日終了。

| | コメント (0)

«2回目の尾瀬ケ原(6月21日:1日目)