ハイキング

草紅葉

10月1日、お仕事を終えてシフォンちゃんをペットホテルへ連れていき、夜7時自宅出発。
目的地は、戸倉の駐車場。

今回は嫁さんと2人で、車中泊で尾瀬ヶ原へ草紅葉を見に行こうかと。

ボクは6月に北東北ツーリングへ出かけてきたんですけど、嫁さんは今年遠出ゼロ。
さぞかしストレスも溜まってるんじゃないかと思い、企画しました。

工事渋滞の高速を切り抜け、1時30分戸倉駐車場着。

仮眠を取り朝5時起床、色々身支度をして6時半のバスへ乗り込んで、鳩待峠到着。
Dsc07254

さあ、山ノ鼻まで下りましょう。

Dsc07255

木道を降りて行って、

Dsc07256

おお、FSC認証してましたか、

Dsc07261

お、クマのウ〇チですね~、どんぐりが混じってますワwww

Dsc07264
これはオクトリカブトですか。
最低気温3度にもなるこの地ですが、まだ花があるんですね。

Dsc07266

そんなこんなで、朝8時山ノ鼻到着。
Dsc07265
気温は10℃を切ってますが、さわやかで気持ちがイイなあ。

 さて、尾瀬ヶ原へ出てみましょう。
Dsc07270
Dsc07280
見事な草紅葉です。
Dsc07278
こちらは至仏山。
Dsc07284
赤丸の辺りが紅葉してそう。。

望遠で抜いてみましょう。

Dsc07285

おお、紅葉が始まってますね。
Dsc07296
奥様もご満悦の模様。

Dsc07273
こちらの紫の花は、エゾリンドウだとか。

Dsc07292

こちらは燧ケ岳。
 
Dsc07299
池塘の浮草も紅葉中。
Dsc07300
サンショウウオが泳いでます。
Dsc07302
逆さ燧は、ちょっと風が出てきてボケちゃってます。

Dsc07308
トンボがホバリングしてます。
近づいても逃げません。
Dsc07326
魚が泳いでます。
写真は撮れませんでしたけど、50センチほどの魚もいましたのでこれは山女魚でしょうか。
大きいのはサクラマスかと。

Dsc07304

ヤマドリゼンマイが川のようになっています。

そんなこんなで、写真を撮りながら牛首分岐~竜宮で2時間ぐらい経っちゃいました。

さあ、見晴目指して歩きましょ。

Dsc07333
こちらは一面黄金色ですね。


Dsc07303_20201004211601
白樺と至仏山。
Dsc07320
それにしても、天気がイイです。
雲一つなくって、まさに「日本晴れ」。
いい時に来れました。
Dsc07349

さあ、ここから福島県。

見晴で休憩、ここまで約8キロかな。11時を過ぎました。

東電小屋辺りでお昼にしましょう。
Dsc07352

途中の木道で、クマの足跡発見。

Dsc07354

東電小屋近辺では、木々の紅葉が始まってます。

お昼を食べて、さあ山ノ鼻まで戻りましょう。

Dsc07361
ヨッピつり橋の向こうの草紅葉、絵になります。

Dsc07364
段々と遠ざかっていく燧ケ岳、ちょっと名残惜しいです。

山ノ鼻到着1時半過ぎ、今回も花豆のソフトクリームを頂いて、50分ほどで鳩待峠へ戻ってきました。

10月中旬までは、乗合タクシーが頻繁にでてますので、待ち時間なく戸倉まで降りてきました。

尾瀬ぷらり館のお湯に浸かってこようかと思ったんですけど、残念ながら当面は土日祝日営業のみとか。
帰路途中にある、花咲の湯へ寄って疲れを癒し、自宅到着午前0時。

往復900キロ、29時間の強行軍でしたけど、十分楽しめました。

今度はニッコウキスゲの時期に行きたいな。

| | コメント (0)

2回目の尾瀬ケ原(6月23日:3日目)

尾瀬3日目、梅雨時なのにここまで天気が非常によろしいです。
今日は、昨晩山ノ鼻ビジターセンターのスライドショウの中で紹介があった、研究自然園でのレクチャー会が7:15からあるので、それに参加してから鳩山峠経由で帰路につきます。

さて、まずは朝4:30の尾瀬ヶ原。

Dsc05178

Dsc05179

Dsc05188

Dsc05190

本日は、朝靄登場です♪

誰もいない尾瀬ヶ原を2人占め♪♪

この時期ならでは、なんでしょうね。

朝ごはんをいただいて、名残惜しく少しだけ再度尾瀬ヶ原散策。
7時ごろ集合場所まで。

山ノ鼻はケータイがつながります。
見晴ではスマホはつながったとのこと。

洗面所ではお湯も出ますし、民宿なんかと変わらないですね。

7:15より職員の方から40分ほど説明を聞きながら、研究自然園を回ります。

この2日たくさん咲いてたコバイケイソウやレンゲツツジには毒があって、シカも食べないんだとか。

その他、カキツバタとヒオウギアヤメの見分け方、ミズバショウが本来咲いてないところに育っている理由、尾瀬ケ原は泥炭層で構成されていて、その深さは5mに及ぶこと、草木が腐って分解されずに堆積していること、などなど、昨日のスライドショウと合わせていろいろ勉強となりました。

これは山ノ鼻に泊まらなかったら説明を受けられなかったですね、ラッキーです。

さて、帰りましょう。

1.5時間ほどかけて鳩待峠へ。
ここから乗合タクシーで戸倉へ戻ってきました。

戸倉で日帰り温泉につかって疲れを取り、11時半にクルマへ乗り込みます。
こちらも、誰もいません。

途中吹き割の滝へ寄り、また、

Dsc05210

とんかつ街道なので、とんかつを食して高速に乗って帰ってきました。

高速に乗った途端に雨が降り出し、厚木~静岡は大雨。
クルマなので移動中に降られたところで、影響なし。

実家到着6時45分、表示燃費は行きが14.5km/L、帰りが17.5km/Lでした。

クルーズコントロールで高速走ると、もう装備されてないクルマは乗れないかも。

| | コメント (2)

2回目の尾瀬ケ原(6月22日:2日目)

2日目は、三条の滝から戻ってきて、東電小屋前を通って、山ノ鼻で宿泊の予定です。

朝4時過ぎに起床して外へ出てみました。
朝靄を期待して。。。
前日は曇りから晴れ、最低気温7.2℃、今日は晴れなので期待してたんですけど残念ながら朝靄はなしです。

朝ごはんを済ませて、7時前出発。

まずは赤田代にある温泉小屋方面を目指します。

Dsc05052

こっちもワタスゲが見事。

30分ほどで赤田代の無料休憩所に到着。

ここでトイレを済ませ、荷物を預けて三条の滝へ出発です。

途中から、かなりきつい下り道。
鎖場なんかもあって、20分ほどで平滑の滝まで。

Dsc05058

ここから、さらにハードな下りを40分かけて三条の滝まで進めていきます。
ストックがなければ、進めません。

途中、登山道に熊の足跡が多数。。。
Dsc05063

登山道のぬかるみにくっきり。
道に沿って足跡が付いてました。

これを見て、親父と二人でベアベルを振りながら前へ進めていきます。

で、三条の滝到着、8時52分。

Dsc05066

Dsc05079

さすがは日本有数の水量とのことで、迫力満点。
来た甲斐がありました。

で、ここで建設作業員登場。

何でも9時からヘリコプターによる補修資材の降ろしがあるとのことです。

しばし、見学することに。

Dsc05070

数分待ってたら、おお、来ました。

補修資材をどこへ降ろすかというと、畳8畳分ほどの展望台へ。

まわりは滝壺、深い谷と森に覆われています。
ピンポイントで降ろさなければいけない。

Dsc05071

Dsc05074

Dsc05077

うわっ、機体をここまで降ろすか?
木に当たりそうです。

無事資材を降ろして、飛び立っていきました。

来た道と反対側の御池方面経由で赤田代の休憩所へ戻ります。

上り30分ですが、こちらのほうが安全に登れます。

こちらの道は、燧ヶ岳の山麓を横に戻る感じで、木陰の中。

Dsc05088

Dsc05089

Dsc05093

ちょっと尾瀬ヶ原とは雰囲気が違います。


11時に無料休憩所まで戻ってきました。

荷物を持って、ヨシッポリ田代の東電小屋方面へ。

Dsc05097

いやあ、ピーカンな快晴♪
湿原の上を冷たい風が滑るように吹いています。
歩いていて、快適そのものです。

Dsc05098

東電小屋でお昼に。

30分ほど休憩して出発。

Dsc05099

オゼヌマアザミの蕾です。
蕾はたくさん見ましたけど、咲いてるものはなかった気がする。

Dsc05101

タテヤマリンドウの花と蕾。
蕾もかわいいですね。

Dsc05109

ミツガシワの群生。
こんなに咲いてるところは他になかったな。

Dsc05111

燧ケ岳のバックとワタスゲ、絵になりますね~

Dsc05118

ニッコウキスゲの蕾です。
あちこちにあります。

鹿の食害がなければ、7月中旬はキレイでしょうね。

Dsc05127

ワタスゲの群生。
昨日よりワタが開いてますよ。

Dsc05139

逆さ燧、、、ですが、風が強くってきれいに出ません。

Dsc05197

と、ゆっくり2時半に山ノ鼻まで戻ってきました。

今日の宿の山ノ鼻小屋。

荷物を置いて、少しゆっくりして、4時からお風呂・5時に夕食をとって外に出たら、風が止んでます。

じゃ、また尾瀬ヶ原まで行ってみましょう。

Dsc05155

Dsc05159

今度は、キレイに映ってます。

Dsc05162

モウセンゴケの仲間。
比較的養分の少ないところに育っているようです。

Dsc05165

逆光の中のワタスゲ。

夕方で風がないので、無数の虫が飛んでます。

いったん山小屋へ戻り、夜7時からの山ノ鼻ビジターセンターでのスライドショウに参加して、本日終了。

| | コメント (0)

2回目の尾瀬ケ原(6月21日:1日目)

先日の通告通り、尾瀬ヶ原へハイキングに行ってきました。

昨年嫁さんと初めて行ってみたんですけど、これなら親父を連れてきても問題なさそうだ、ということで、高齢者でも問題ないように尾瀬内に2泊の贅沢ハイクです。

初日6月21日、朝5時に父親宅を出発、おふくろがオニギリを準備してくれてました。

クルマを走らせて3分、「オニギリの海苔を入れ忘れた」との電話が入りUターン。
まあ、年寄なのでしょうがないですね。

気を取り直して、再出発。

三ヶ日ICから高速利用、新東名~東名~圏央道~関越道で沼田ICまで5時間。

沼津~寄居間で雨に降られましたけど、北へ向かうに従って曇り~路面が乾いてます。

途中コンビニでお昼ご飯をGETして、11時過ぎに戸倉の第一駐車場到着。

ここでお昼を食べて、荷物を軽くして鳩待峠への乗合タクシーに乗り込み、いよいよ尾瀬へ突入です。

Dsc04958

山ノ鼻手前で、

Dsc04962

いきなり、コバイケイソウの大群が出迎えてくれました。

尾瀬ケ原のそこらじゅうで咲いていてもう有難味を感じてなかったんですけど、今年は大当たり年らしく、昨年はほんの数えるほどしか咲かなかったようです。

もう少し下っていくと、山道で人だかりがしています。

Dsc04966

木の上に小熊が1頭。

50m以上離れてます。
とっても困ってるご様子。
我が家のシフォンちゃんが困ってる時の仕草とそっくりです。

親熊が見当たらないので2歳ぐらいじゃないかとのことでした。

いやあ、親熊がいたらタイヘンですよ。

山ノ鼻到着が1時、さあここから本格的に尾瀬ヶ原を楽しみます。

平日+閑散期(水芭蕉が終わり、至仏山登山の解禁前)ということで、人もまばらです。

Dsc04974

まだ、ちらほらと水芭蕉が残っています。

Dsc04969

水辺には、リュウキンカも残っています。

Dsc04970

Dsc04973

Dsc04975

レンゲツツジも今が見頃とのこと。
とってもキレイに咲いています。

で、今回の一番の目的は、

Dsc04976

Dsc04979

ワタスゲです。
先を歩いてるのは、ボクのお父様。

Dsc04982

ツリガネツツジ、だよなあ。
ネットの尾瀬の花図鑑みたいなもので名前をチェックしてたんだけど、載ってないんだよなあ。あちこちでたくさん咲いてたんですけど。

Dsc04984

これは、ヒメシャクナゲ。
薄紫なのは、タテヤマリンドウ。
晴れてる日だけに咲くんですって。

Dsc04987

紫なのが、カキツバタ。
ヒオウギアヤメも咲いてたんですけど、見分け方がわからなくって同じ花だと思ってました。

Dsc04989

お、もうニッコウキスゲが咲いています。
他でも咲いてましたよ♪


Dsc04990

これはオゼコウホネ。

Dsc04992

Dsc04998


オゼタイゲキ、これもたくさん咲いてました。

Dsc04999


ここは、水芭蕉の大群生地、尾瀬ヶ原では一番有名なところかな。

竜宮そばで、シカの食害から守るため囲いの中は、リュウキンカがたくさん咲いています。

Dsc05006

ってことは、本来この周りにはリュウキンカがたくさん咲いていて、それをシカが食べちゃったってことなのかな?

本来この地域にはニホンジカはいなかったそうで、シカの食害で昨年もニッコウキスゲが全滅だっととか。

Dsc05008

竜宮を過ぎたところで、ノリウツギ、かなあ?

Dsc05009

これは何だ??

Dsc05011

この赤丸はギョウジャニンニクらしい。

Dsc05014

沼尻川を渡ると、そこは福島県。

30分で、

Dsc05022

昨年もお世話になった、弥四郎小屋へ到着です、3時半でした。

で、

続きを読む "2回目の尾瀬ケ原(6月21日:1日目)"

| | コメント (2)

今年も、尾瀬行ってきます

今年は、85歳になった父親と。

今回は山小屋2泊です。

明日の早朝出発、天気はどうかな?

| | コメント (2)

GW終わっちゃいました、残念

いつもは、GWの前半で旅行に行くんですけど、今年は行かなかった。。。というより、行けなかった、中止でした。

原因は、シフォンちゃん。

犬がいるので長期間は無理だなってことで、1泊2日で丹波方面を予定してたんですね。
で、シフォンに向かって、『あんた、ペットホテルでお留守番だよ』って2,3日前から言ってたら、下痢・嘔吐に加えてご丁寧に血便まで出しちゃったので、止めにしました。

間違いなく、ヤツが邪魔したんだな。。
だって、ホテルをキャンセルした途端に治っちゃったんだもん。

で、このお休みは、テニスが1日おきに4回。
往復40kmの足は、SVが2回、REVORGが1回(雨降ったので)、Masterが1回です。

最近Masterに乗ってなかったので、ペダルを片面フラペに交換しまして、これからはなるべくMasterでテニスへ行こうと誓った次第です。

9連休で4回もテニスすると、感覚取り戻す必要もないので楽しくできますね~、でも片・肘・膝・踵・etcが痛くって仕方がないですワ。

その他は、
  ・29日はドライブ、琵琶湖バレイに行きかけて、ガスってきたので
   彦根城に切り替え。
  ・1日、午前中金融機関に行ってから、『半分、青い。』のロケ地、
   恵那市の岩村までドライブ。

  ・2日は奥様とDAHONで舘山寺往復40km 
  ・5日は娘の家の新築お披露目。孫たちと遊びまくって、昼間から
   飲んじゃって大満足。
  ・6日は焼津の満観峰へハイキング。
  ・その間に、野菜(サツマイモ、きゅうり、なす、ピーマン)を植えて。
と、満足な日々でした。

さてさて、仕事の感覚取り戻すのに、ひと苦労ですな。

| | コメント (0)

尾瀬ヶ原ハイキング2日目

朝4時、ドタドタ、バタバタ、ガシャン、、、と隣の部屋の人が10分間の大騒ぎの上で出ていきました。
燧ケ岳アタックでしょうね。

この日の燧ケ岳は、こんな感じだったようです。

すばらしい景色ですね。

さて、折角起きたので、朝靄の尾瀬ヶ原を。。。

Dsc03854

Dsc03857

Dsc03862

Dsc03865

Dsc03866

ほんの少し風があるんですけど、その方向が変わるたびに尾瀬ヶ原の表情が変わります。

Dsc03864

4:15から5:40まで外で日の出を待ってたんですけど、これ以上待ってると朝ごはんに出遅れます。
後ろ髪ひかれる思いで小屋に戻ります。

朝ごはんを食べて、6:50出発。

最短ルートで鳩待峠まで戻って、帰宅の予定です。

Dsc03880

竜宮をすぎたところで、尾瀬ヶ原一番の水芭蕉の群生が。

Dsc03883

山ノ鼻まで1:20、予定より30分ほど早く戻ってきました。
当初11:00のバスの予定だったんですけど、これなら10:20のバスに乗れそうです。

1時間で鳩待峠へ登ってきました。下りよりも早かったぞ。まあ、荷物がかなり軽くなったからね。

戸倉温泉まで戻ってきて、旅館でクルマを預かってもらったついでに着替えされてもらって、11時に出発。
途中、R120は「とんかつ街道」って書いてるのでとんかつ屋さんで昼食。
”真田なんちゃらとんかつ定食”ってヤツを注文したんですけど、カツの量がハンパなくって、1人前を奥様と分けて食べてきました。

帰りは、ただひたすら高速で移動。高速代9,200は高いなあ。。

| | コメント (0)

尾瀬ヶ原ハイキング1日目

朝7:50のバスに乗って、いよいよ鳩待峠へ向かいます。
25分ほどで到着、8時30分頃から歩き始めます。

Dsc03885

入ってすぐ、

Dsc03717

山道は雪だらけ。

KINさんたちが昨年行ったブログを参考にしてたんだけど、全く参考にならない状況でした(笑)

でも、空は、、、

Dsc03720

雲一つない澄み切った青空♪

下っていくと、

Dsc03727

雪解け間もないところから、水芭蕉が出てきてます。

山ノ鼻へ降りてきて、

Dsc03731

こりゃ6月間近の絵じゃないですね。

今日の宿泊場所、見晴台の弥四郎小屋を目指します。

本日のルートは、牛首分岐から東電小屋を経て、見晴台まで。
のんびりと写真を撮ったり、景色を楽しみながらのユルユルなハイキングです。

Dsc03763

前を行くのは、ウチの奥様。。
気候も良くって、足取りが軽いようです。

後ろを振り返ると、

Dsc03774

逆さ至仏山。

Dsc03787

あらら、水芭蕉がもがれています。
熊の仕業でしょうか?熊の大好物だとか。

Dsc03791

ワタスゲの花が咲いています。
ワタスゲの季節にも来てみたいな。

Dsc03793

池塘に浮かぶ、逆さ燧ケ岳。ちょっと雲が出てきましたね。

この日は暑くなってきて、半そで1枚で歩くのがちょうどいいかも。


Dsc03797

ヨッピ吊り橋を経て、東電小屋前まで。

Dsc03810

ここまで来ると、殆ど人がいません。

Dsc03805

水芭蕉も流れのある水路沿いにあるだけ。
湿原一面に水芭蕉が咲いていると想像してきただけに、正直ちょっと肩透かしを食らった恰好です。

東電小屋を越えると雪が多く残っていて、

Dsc03814

今日イチの水芭蕉の群生地帯となりました。

Dsc03822

ネコヤナギの芽が吹いてます。

Dsc03819

おや、水芭蕉の赤いのか??

ザゼンソウでした。

Dsc03830

ところどころで、リュウキンカも可憐に咲いています。

Dsc03823


橋を渡って、もう少しで見晴台へ。

途中、

Dsc03831

写真がピンボケでよくわかりませんけど、キツネ、

Dsc03833


タヌキに会いました。

そんなこんなで、見晴台到着、15時前。

Dsc03842


夕食はハンバーグ定食と山小屋にしては豪華かな。
4畳半に2人だけの個室です。
平日特権でしょうね。

夕飯後、外で夕暮れ時を楽しみます。

Dsc03840

Dsc03844

Dsc03843

実は、重たいメをして、発泡酒を持参してきました。

Dsc03839

雪で冷やせば、すぐ冷たくなるよね。。。と、質量の関係かなかなか冷えません。
取り出したら汚れてたので、結局、

Dsc03847

清水で洗って置いておいたら、スグ冷えました。
この清水、飲めるんですよね。

で、9時消灯前、

.
.
.
.
.
.

続きを読む "尾瀬ヶ原ハイキング1日目"

| | コメント (0)

尾瀬ヶ原ハイキング0日目

今年は勤続35年で5日間のリフレッシュ休暇が支給され、これを利用して尾瀬ヶ原へ嫁さんとハイキングしてきました。
お泊りでの夫婦揃ってのハイキングは初めて。
なので、余裕を見て28日(日)を入口の戸倉温泉で一泊、29日(月)に尾瀬ヶ原へ入り見晴台で一泊、30日(火)は尾瀬ヶ原縦走して帰宅、の予定です。

朝8時出発、なるべく下道で移動します。

GWに沼田から帰宅したルートをほぼそのまま逆トレース。

GWからほぼ1か月を過ぎ、色濃くなってきた新緑を楽しみながらのドライブ450キロです。

沼田からR120へ入り、吹き割の滝へ。

ちょっとしたハイキングコースがありますので、ちょっと歩いてみることに。

Dsc03681

上からみた吹き割の滝。。

Dsc03694

Dsc03701

Dsc03703

なかなか水量も多く、迫力があってよかったです。

ここから約30分の本日の宿まで。
どうやら今日は我々夫婦のみの宿泊のようです。

お宿は、まあいわゆる「昭和の旅館、温泉宿」ですな。

明日の尾瀬は空いてるのかな?

| | コメント (0)

東北旅行4、5日目(裏磐梯、日光、沼田、帰宅)

5月2日、昨日の元同僚との楽しい会話とお酒のときに、地元ならではの情報をゲットしたので、予定してたルートをちょっと変更しました。
彼からは会津若松の史跡を色々勧められたんですけど、今日は東照宮の陽明門を見たいので、ちょっとだけ付け加えます。

まず、ゴールドラインを走って磐梯山を眺めながら、

Dsc03459_2

リステル猪苗代にほど近い桜並木を見に行きました。

Dsc03465_2

はい、情報どおり満開でした。
さて、ここから30分ほどの五色沼へ向かいます。

毘沙門沼近くの駐車場へ車を止め、靴をハイキングシューズに替えて、3.6キロのハイキングコースへ。

Dsc03474_2

Dsc03492_2

Dsc03523_2

Dsc03535_2

Dsc03543_2

Dsc03549_2

いやあ、天気の良さ、背景の雪をまとった山と相まってベストな景色です、きれいです。

ときおり雲がかかると、沼面の色がくすんじゃうんですよね。
天気のいい日でよかった。

毘沙門沼から入って出口の柳沼まで、約1.5時間。
ここから出発地までバスがあるんですけど、40分ほどの待ち時間があります。
軽い下り坂なので1時間かからずに戻れるでしょうと、またハイキングコースを歩いて駐車場まで戻りました。

でも、雪解け間もないところですので、散策道は

Dsc03493_2

こんな感じです。

頑張って歩いて、予定通りほぼ1時間で駐車場まで戻ってきました。

檜原湖沿いに有名な塩ラーメンのお店があるとの情報を劇推しされましたので、行ってみましょうか。
どうやらこのあたりは山塩がとれて、その塩でラーメンを作ってるんだとか。

。。。。と、17キロ30分かけて訪れましたけど、火曜定休日でしたorz
あらら、1時間のロス。
気を取り直して、猪苗代インターそばの喜多方ラーメン屋さんでお昼に。

Dsc03556

もう1時になります。
日光東照宮は観覧修了時刻5時まで、4時半で入場終了となってしまいますので、急いで向かいます。

東照宮に近づくと渋滞。。。
お土産屋さんの駐車場でお金を払って、東照宮へ向かいます。

Dsc03557

3月に改築が終わった陽明門、

Dsc03573

すばらしい、の一言ですね。

宮内ひと通り散策して、写真をパチパチ撮りまくって、

Dsc03566

Dsc03605

お守りをお土産代わりに購入してたら、5時過ぎてます。
お守りも、陽明門改築記念で今だけ、とか、ここでしか入手できない、とか、巧みな言葉に乗っかって買ってきてしまいました。

静岡にある久能山東照宮へは何度か行ったことがあるので、同じような感じかと思いきや規模が大きく違ってますね。

とっても感動しました。

駐車場へ戻って、次はいろは坂を登っていきます。

Dsc03645

華厳の滝。。。こんなにショボかったっけ?

駐車場代300円がもったいないです。

そして、竜頭の滝。

Dsc03653

Dsc03662

こっちは迫力がありますね、華厳の滝のほうが有名なのに。

R120の夜道を沼田へ抜け、今日の宿は前橋で。
夕食を済ませて9時半到着でした。
目一杯遊んじゃったな。



続きを読む "東北旅行4、5日目(裏磐梯、日光、沼田、帰宅)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧